長野県小諸市を拠点に楽しく活動中〜音あそびの会〜音あそびの会ってどんなことしてるの?

音あそびの会? メニュー スケジュール プロフィール オギタカブログ お問い合わせ リンク

音あそびの会?

この会は障がいのあるお子さんを持つお母さんが音楽で子供とのコミュニケーションを計れないだろうかと言うアイディアを持ってきてくれた事が切欠でした。
実際、お互いにタイコで遊んでみると理屈抜きに気持ちがつながり、音楽にある「人の心を結びつける力」を実感しました。
その後、さまざまな場所で会を重ねるごとに確信を強めています。
毎回多彩なゲストを交え場を作っていますが、時には音楽家だけでなく他分野の魅力的な方々とのコラボレーションもあります。
音あそびの会は「自己表現」「コミュニケーション」「想像する楽しさ」「音を感じる楽しさ」を大事にしながら大人も子供も関係なく遊びます。
そしてそこから「何か」を日常に持って帰ってもらえればこれほど嬉しい事はありません。

人は年齢、性別、人種、障害、コンプレックス等の「壁」を作って生きています。
反面、誰しも素敵な個性を持ってます。
人の音になった「心の言葉」に耳をかしながら、自分の「心の言葉」を音にして出すということだけで簡単に心はつながります。
そしてそこには調和が生まれ、それまで以上のエネルギーが自分に生まれてくることを実感できるのです。
「壁」を全部取っ払ってつながりあえたらどんなに楽しいことでしょう。

 

 

推薦者

川手鷹彦 (演出家・劇作家・治療教育者)

齊藤忠彦 (信州大学教育学部 音楽教育教授)

山口マオ (イラストレーター)

○金田勉 (造形作家・元埼玉県立越ヶ谷高校美術教諭)

                           推薦文のページへ

音あそびの会これまでの活動

音あそびの会トップページへ戻る